MENU

車を売る時は車検を通すべきか?

車を売ろうという時に気になるのは、【自分の車はいくらで買い取ってもらえるのか】ということでしょう。
中には、「邪魔で仕方がないから二束三文でも引き取ってもらえれば良い」という考えの人もいますが、多くの人は「高く売りたい」と思っています。

 

車を高く売るためには、【車を高く売るためにはどうすれば良いのかを知ること】が必要です。
何も知らずとも高く売れてしまう状況がない訳ではありませんが、そういった状況でも、車を高く売るための方法を知っていれば更に高く売れる可能性があります。
つまり、いかなる状況においても、最適なアプローチの方法を知っているかどうかで、結果は比較的大きな違いが出るということです。
よって、1円でも良いから車を高く売りたいと思っているのであれば、まずは適切な方法を知ることから始める必要があります。

 

車の価値を評価する「査定」では、様々なことがチェックされます。
例えば、走行距離、見た目のキレイさ、車としての基本機能(劣化状況など)、市場のニーズ(相場)や買取業者が抱えるニーズなどが結果を左右します。
要するに、「誰が見ても評価できる状況ほど買取価格は高くなる」ということです。
となると、購入に際して新たに車検を取得しなければいけない場合と車検が残っている場合では、後者を優先したいという考えを持っているユーザーが多い状況を考慮し、「車検の有無も重要なポイントなのではないか」と考えてしまっても不思議はありません。

 

しかし、実際には車検の有無や残っている期間が、車の買取価格(査定結果)を大きく左右することはまずありません。
もちろん、まったく違いがないという訳ではありませんが、あえて車検を取ってから買取査定を受けても、車検コスト以上の評価アップは見込めないという意味です。
買取業者は、一般ユーザーとは違ったコネクションを持っていることや、自社で必要な車検整備を行えるなどの強みがあるので、少なくとも一般ユーザーよりも安く車検を取ることができます。
少ないコストでできるものを高いコストをかけて買い取る必要はまったくないので、部分的な補填程度にはなっても、それ以上になることはないと考えて問題ありません。

 

結論として、「車を売却するためにあえて車検を取る必要はない」といえますが、絶対にそうなるという訳でもありません。
もし、どうしても納得できないのであれば、一度実際に査定を受けてみて、その場で「車検を取った(取り直した)場合にはいくらになるのか」を聞いてみましょう。
そして、その回答よりも少ない金額で車検を取ることができる場合には、「車検を受けてから契約する」といって査定結果を保証してもらえるように相談しましょう。

このページの先頭へ