MENU

車査定で金額をアップする為の交渉のやり方

車査定では、交渉によって買取価格を上げられる事はあります。価格交渉を行ってみると、思わぬ金額アップが生じる可能性もありますから、やってみると良いのです。
ただ金額アップにするかどうかも、やり方に左右される一面はあります。交渉術を理解しておく方が、成功率も高まる一面があるのは確かです。

 

すぐに売却する気だとアピールをしてみる

例えば、直ちに売却する姿勢を強調してみるやり方があります。つまり「この場で直ちに売却します」と一言添えてみるのです。
もちろんそれを言わずに、金額をあと10万円ほどアップして下さい等とストレートに交渉してみる言い方もあります。しかしストレートに言うよりは、むしろ上記のように一言付け加える方が、成功率も高まる傾向があります。

 

目標数字を強く意識している買取店

というのも車の買取を行っているお店としては、様々な目標数字を課せられているのです。よく営業マンの方々は、ノルマの為に頑張っているでしょう。日々の目標数字を達成するよう、会社から求められているのです。それを何とか達成する為に、営業マンの方々も必死なのです。
そして車買取を行っているお店としても、やはり月間目標はあります。毎日朝礼で気合いを入れている買取店も、中にはあるのです。
そういった背景があるので、上記のように一言付け加えると、営業マンとしては心が揺れる傾向があります。月間目標を達成する事は大切なので、多少は買取り金額を高くしても良いと考えるお店もある訳です。ですから上記で触れた一言は、交渉術の1つになるでしょう。

 

他のお店で売却をするという一言

他にもあります。ライバル店を意識していると考えられる時などは、他のお店の存在を匂わせてみるのも一法です。
例えばあるお店から伝えられた査定額が、少々低いと感じたとします。そういう時に、「その価格ではちょっと低いので、他のお店に売ります」などと伝えてみるやり方もあるのです。この一言も、お店によってはかなり効果的な場合があります。
というのもお店としては、ライバルに負けたくないと考えている事が多々あるのです。目の前の車をライバル店に渡してしまうと、色々と困ってしまいます。
それよりはちょっと金額を高くしても構わないと考えてくれるお店も、かなり多いのです。ですからライバル店の存在を匂わせてみるのも、交渉術の1つと言えるでしょう。
このように買取店の目線に立って、一言添えてみるのは、交渉のコツの1つと言えます。

このページの先頭へ