MENU

車一括査定とディーラーのメリットとデメリットとは

車買取一括査定は、多くの方々が利用しています。買取額などに関するメリットがあるからです。また下取りを利用する方々も多いですが、それにもいくつかメリットがあるのです。

 

ディーラーと買い替えに関するメリット

まずディーラーのメリットですが、手続きが比較的簡単に済む点です。
そもそも車の買い替えなどを行う時には、あまり手続きを複雑にしたくない事もあるでしょう。ディーラー店では売却と新車購入の2つを一度に行う事が可能ですから、手間の少なさに関するメリットはあるのです。

 

下取りと売却額

ただしディーラーには、買取額に関するデメリットはあります。
ディーラーの場合は、車売却に関するノウハウはあまり多くありません。
ですから買取り額は、多少限定される場合があります。買取専門店と比べれば、多少金額が安くなる事が多い点は、デメリットと言えるでしょう。

 

一括査定と電話連絡に関するデメリット

ところで車買取を行う方々は、一度に多くのお店に依頼をする事ができる一括査定などもよく利用しています。
それは確かに便利なのですが、電話連絡で閉口してしまうケースがたまにあります。
サイトで情報を送信した途端に、一度に多くのお店から電話連絡が来てしまうので、対応するのが大変だったという声がしばしば見られるからです。

 

電話連絡がない一括査定も

しかし、それは電話連絡が発生する一括査定サイトの話です。そもそも全ての一括査定サイトにて、電話連絡が来る訳でもありません。中にはweb完結のタイプもあるのです。
ですから電話連絡がない一括査定を選んでおけば、上記のデメリットは解消されるでしょう。

 

買取価格に関するメリット

そして一括査定というサイトには、やはり売却額に関する明確なメリットはあります。
そもそも一括査定では、業者同士のライバル意識が生じるケースが殆どです。他の業者との合い見積もりが発生する都合上、他のお店に負けたくないという意識が、強く働く傾向があります。
そういった意識が生じた場合、総じて買取価格は高くなりやすいのです。ですから一括査定サイトでは、高額売却が成立するケースもよくあります。
少なくとも上記でも触れた下取りと比べれば、売却価格は高めになる傾向があります。しかも手続きもスムーズに進む事が多いのです。
ですから多少は手続きが面倒でも、車の売却額をできるだけ高くしたいと思う方々などは、一括査定をよく活用している傾向があります。

このページの先頭へ