MENU

新車を購入するときの車を下取りより高く買取してもらう方法

新車を購入するためには現在乗っている車を処分しなくてはいけません。
それには大きく二通りの方法があります。それは下取りと買取です。
従来では下取りが多く利用されてきました。新車を購入する場合はディーラーに下取りをしてもらってその金額を頭金にして同じディーラーで新車を購入するという方法です。
考え方としてはまず先に購入したい車があって、そのディーラーに現在乗っている車を下取ってもらうという方法です。
この方法がディーラーとしても新車を購入してもらうというメリットもあるので、下取りはかなり高査定になると思われてきました。
しかし、ここ数年では買取専門業者のほうが高査定を出してきたのです。それでもディーラーには新車割引もありますから新車購入までのトータルの出費でどうなるのかということですが、それでも買取のほうが有利ということが一般的となってきました。そうなるとワンストップで便利なディーラーか売りと買いが別々になるがトータルで得をする買取かということになります。
買取が高額査定になるのはディーラーとは違って販売ルートが多種多様だからです。それとディーラーは年式によって決まっている査定表に基づいた下取り査定を行うので金額が硬直しているのです。
一方の買取専門業者ですが、まず買取査定の相場というのがカーオークションで決められることが多いです。これはほぼ時価相場に近いので、場合によってはほくほくするような高額査定となります。一方で不人気車となると価格がつかない場合もあり、かなりシビアな査定となる場合があります。
また、低年式で下取りでは値段がつかないような車も買取業者ではきっちりと値段をつけてくれるのです。それは部品取りでも活用できる点とほかには海外への輸出ルートが確立しているからです。海外では日本の10年落ちくらいの車がばんばん走っています。古くても日本の車は評判もよくどんな車でも値段がつきます。
それだからこど買取業者も「どんな車でも買取ます」というキャッチコピーが高らかと言えるのですね。
まとめとして、車の売却方法には大きく下取りと買取の二つの方法があるということでいいかと思います。

このページの先頭へ