MENU

ディーラーに売却する

一般的に、新車を購入する際に、これまで乗ってきた車を自動車販売ディーラーに下取ってもらいます。
これは、車を下取りしてもらうことで少しでも新車の頭金に充てることができるからです。
ディーラー側としても、下取り価格を提示するほうが売りやすいというメリットがあります。
さらに新車を売却しながら同時に中古車の仕入れもできるわけですから、一石二鳥でもあるのです。

 

買取り業者と違う点は、車にキズや凹み、錆などがあれば、査定に響くことになり、下取り価格は下がるということになります。
また、ディーラーは下取りした車を整備あるいは修理して同じ系列の中古車販売店で店頭売却することになります。

 

このように仲介的な役割をしているので、マージンとして査定額が低くなってしまうのです。
ディーラーに依頼すると、そこの信頼できる営業マンにすべてを任せてあとは納車まで何もしなくてもいいということもメリットなのですが、買い取り値がつかないことから、廃車費用や引取り代金などを請求されることもありますから注意が必要です。

このページの先頭へ