MENU

車売却時の下取りと買取の違いとは?

車を売却する際の方法として、『買い取り』と『下取り』というものがあります。それぞれは似ているようですが、実はその仕組みは全く違うものです。

 

まず、『買い取り』に関して説明していきます。
買い取りとは、主に「中古車買い取り店」などに車を買取ってもらい、その金額を現金で受け取ることが出来る方法です。
例えば、リサイクルショップに何かを売る場合と同様で、単純にその商品(この場合は車)がいくらの価値があるのかと言う査定を行い、その価値分の金額で売却すると言う方法です。
査定に際して、相場の影響を強く受けます。
相場とはオークションでの平均落札価格をもとに算出したものです。下取りとの比較として注目すべきは「現金を受け取る」という点です。

 

次に、『下取り』の場合です。
下取りの場合は主に正規ディーラーなどで新車を購入する際に利用される方法です。
基本的にその場所での購入を前提としている場合にのみ下取りが行われます。下取りが買い取りと大きく違う点は「現金を受け取らない」と言う点です。買い取りと同様に査定によって価値が決まるのですが、その結果は現金では無く「購入する車の価格から相殺する」と言う形になります。また、査定に関しても一般的な相場とは違い、ディーラー独自の基本価格によってベースが設定されることになります。

このページの先頭へ